z2

遺伝子治療受託サービス

image9

 

遺伝子治療とは、どのような治療ですか?

image10

遺伝子の正常な機能を回復し、がんの無限増殖を停止します。

 

世界各国で始まるがん遺伝子治療

がんと遺伝子の関係が明らかになるにつれ、これをがんの治療に生かしていこうという試みが世界中で行われています。
正常な機能を果たしていない遺伝子の働きを抑制したり補ったりすることで、がん細胞の無限増殖を停止し、がん細胞をアポトーシス(自死)に導きます。

 

末期など従来の治療が不可でも治療が可能!

昔は不治の病と言われましたが、今日では医療技術の発展とともに早期であれば高い確率で生存も可能となりつつあります。
しかし現在の治療は、がん細胞のみではなく正常細胞も傷つけてしまうことから、身体の負担も少なくなく適応範囲にも限度があります。

遺伝子治療はがんのメカニズムの根本に働きかける治療です。
正常細胞は傷つけることなく、がん細胞の変異・欠損した機能を回復する治療なので、適応範囲が広くがんの予防やこれまでに適応とならなかった末期の患者さまにも適応可能な治療として大きな期待を集めています。

 

 

遺伝子治療と従来の標準治療と比べての特徴は?

image11

身体に優しくあらゆる進行度合いで効果が期待できる治療です。

 

遺伝子治療は身体に優しい!

現在、がんの治療法として確立されているのは、外科手術、放射線療法、化学療法でがんの標準治療とも呼ばれています。
この標準治療は、がん細胞のみではなく正常な細胞も傷つけてしまうために苦痛が伴います。
そのため、一般的に「がん治療=つらい」というイメージをもたれている人がほとんどだと思います。

 

ほかの治療と併用も可能!

また、抗がん剤や放射線などの従来の治療を継続しながら、遺伝子治療を加えることで相互作用により、高い効果を得ることができます。
抗がん剤や放射線の副作用を低く抑えながら治療効果を得ることも可能です。
体の状態が悪くこれらの治療ができなかった患者様にも新たな選択肢が広がります

 

※副作用の報告
治療後に微熱や悪寒の副作用がごく稀に発生することが報告されています。現在までに重篤な副作用の報告はありません。

 

 

遺伝子治療は、なぜがん治療に「有効」なんですか?

image13

がんは遺伝子の傷によって起きる病気だからです。

 

人は60兆個の細胞からできている。

私たちの身体は、約60兆個の細胞からできています。
細胞は細胞核の中にある遺伝子によって細胞の営みに必要な情報の全てがプログラムされ、適切にコントロールされています。

 

細胞は毎日ダメージを受けている!

細胞は日頃から様々な刺激にさらされています。
食物や食品添加物・環境汚染物質、喫煙や飲酒、薬品やウィルス・紫外線・放射線等により細胞にダメージが生じてしまいます。

 

細胞のダメージを修復できずに、がん化する。

細胞はダメージを受けても自己修復アポトーシス(自死)をさせることができます。
これにより、ダメージを受けて壊れた細胞を放置することなく、体の機能に影響を及ぼさないよう制御しています。

細胞を修復したりアポトーシスさせる指示を行っているのは遺伝子です。
しかし、その遺伝子も同時にダメージを受けて壊れていた場合、これらの機能をうまく行うことができません。

遺伝子の損傷のために、ダメージを受けた細胞を修復したりアポトーシスすることができず、壊れた状態のままの細胞をもとにして、適切な制御が行われないまま分裂・増殖を繰り返す状態ががんです。

 

「がん遺伝子」や「がん抑制遺伝子」とは何ですか?

image14

細胞の増殖や分裂をコントロールしている非常に重要な遺伝子です。

 

がん原遺伝子とがん抑制遺伝子

細胞の問題を解決する遺伝子のうち、細胞の増殖をコントロールするのが「がん原遺伝子」、細胞の増殖を止めたりがん化した細胞を修復したりアポトーシス(自死)させたりするのが「がん抑制遺伝子」と呼ばれています。
がん原遺伝子がアクセル役、がん抑制遺伝子がブレーキ役となり、細胞をコントロールしています。

 

バランスが崩れると細胞は暴走する?

「がん原遺伝子」が傷つくと細胞を増殖するアクセルが踏みっぱなしの状態になります。
(この状態になった「がん原遺伝子」を「がん遺伝子」と言います。)

「がん抑制遺伝子」が傷つくと細胞の増殖に対するブレーキがきかなくなった状態になります。

これらの遺伝子は、細胞のがん化を防ぐための緻密な安全装置として、互いにバランスを取りながら私たちの体を守っています。
「がん遺伝子」や「がん抑制遺伝子」が壊れることで、バランスが崩れてしまうと細胞は制御を失い暴走してしまいます。

がん遺伝子治療では、「がん遺伝子」や「がん抑制遺伝子」のバランスを取り戻し、本来の機能を回復することで、①がん細胞の増殖の停止して、②がん細胞をアポトーシス(自死)に導くための治療を行います。

 

どのようにがん細胞の増殖を停止するのですか?

image15

がん遺伝子・がん抑制遺伝子のバランスを整え、がん細胞の増殖を停止!

 

2つのアプローチでしっかり止める!

多くのがんの根本的な原因は遺伝子の変異(※)です。
遺伝子の変異によりがん遺伝子とがん抑制遺伝子のバランスが崩れ、細胞が無限に増殖するようになったのが「がん細胞」です。

遺伝子治療ではまず・・・
①がん細胞の増殖を促進している(がん遺伝子)の働きを抑えます。
②がん細胞の増殖を抑制する(がん抑制遺伝子)を導入しその機能を回復させます。

これを同時に行うことで、がん遺伝子・がん抑制遺伝子の働きを正常化し、バランスを取り戻します。
車に例えるならば、押しっぱなしになったアクセルを放してスピードを緩めるだけでなく、一緒にブレーキもしっかり踏むことで車を確実に停車へ導きます。

細胞の増殖のサイクルを止められたがん細胞では、本来細胞が持っているアポトーシスの仕組みが働き始め、結果として主要が小さくなっていくことも期待できます。

※遺伝子の変異・・・遺伝子がダメージを受けて損傷し、遺伝子に書き込まれた情報が
置き換えられたり、欠失することで正しい働きができなくなった状態のこと。

 
上記の遺伝子治療の紹介・導入について詳しくはお問い合わせください